FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆エロ写メ出会いの特別なサイト☆

以前管理人が登録してよかった優秀サイトのみをご紹介します。
みなさんにはフリーアドレスOKのサイトだけを教えちゃいます!
やはり「エロ写メ」は性別関係なしに人気で会員数が
非常に多いのが特徴です。
ココだけの話かなり喰えますよ…(・_・ )キョロ( ・_・)キョロ
現在管理人が利用中のサイトもあります(/ー\)キャッ

★大人体験への扉

エロ写メといったらまずココ!
個人的にエロ写メ系だったらここが1番よかったです♪
リアルエロ写メがころがってるんです(,,゚Д゚) マジ
比較的に女性が多く、年齢層が若めなので
初心者にも経験者にも1番おすすめです(´ー`)y-~~
リアルなエロ写メをゲットし
あわよくば恋人だってできちゃいます≧ω≦



★直アドGET!!

いろんな女の子達が日々日記を書いてます☆
最近支流になったブログみたいなもの
日々日常であった事を
アップしてくれるから楽しい(*´▽`)
そして日記だけでなく普通にメールもできます(・∀・)仲良くなれば会っちゃったりも( ゚∀゚)アヒャ
中高年&初心者ひっけんでっせ!


★流行のコミュニティ☆
ちょっと
ココは比較的年齢層が若いのが特徴(〃▽〃) キャア♪
若いのか、顔がNGな子が多い(>_<)
ですが身体は超一流(●´-`●)
個人的には好きです(ロリコンなので…(*/▽\*)
自分のも見せたい、見せ合いたい方はココがおすすめです☆


今現在紹介できるのはこれくらいですかね( ̄┐ ̄)
また優良サイトを発見しましたらアップします(-@∀@)

エロ写メオナニー



今の服装どんな感じかな?でももう疼いて仕方ないよね
パンツの上からゆっくり縦筋に沿って指這わせてごらん
ゆっくり・・・触れるか触れないかの感じでゆっくりなぞってね

スカートとブラウスです…
っ…んっ…はぁ
きもちいいです、

エナはオナニー好きなのかな?
ふふ、そんなにおまんこ弄りたい?
でも少し焦らした方が、より気持ちよくなるからね
もう少しだけ我慢しようね、
次は性感高めるため、内ももやお尻に手を這わせてみて
男の人に愛撫されてるの想像しながら、優しく手を滑らせてね

っ…すきです…はぁ、
う、っ…よけいにうずくっ…、はぁ

エナのまんこ、たくさん苛めてあげるね
おやおや、我慢できないの?
ふふ、随分はしたなくて欲張りなおまんこだね
中でひくひく痙攣させながら、はしたない汁溢れさせてるんじゃないの ?
じゃあパンツの中に手を入れて、愛液たっぷり指で掬ったら、陰唇拡げて秘肉に塗り拡げてごらん
お尻の方から恥丘にかけて、ゆっくり塗り拡げてね
でも、まだパンツ脱いじゃだめだよ

っはぁ…!も…ぬれてるっ…っ…っああ…っ…きもち、!

彼氏(?)はクリあまり苛めてくれないの?
僕なら一時間でもおまんこねっとり舐めてあげるんだけどねw
気持ちよくなりたんでしょう?パンツ汚してもいいじゃないw
エナが良ければパンツ使った気持ちいい遊び教えてあげるよ
パンツの中に手を入れて、おまんこに愛液塗り拡げて・・・
どう、男の人の指で犯されてる気分にならない?
はしたない汁、どんどん溢れてきてるよね
指で掬って、クリ周辺にどんどん塗り込んでごらん
くりがふやけてとろとろになるくらい、たっぷり塗り込もうね

…はぁ!へん、になりそう…ぁっ。私彼氏いなくてっ…っっきもち、あそびおしえてください、
っっはぁ、だめ、いきそうっ

だから何度も逝くまで沢山クリ苛めて上げようね
次はおまんこにパンツ食い込ませようか
クリとお尻がしっかり擦れるくらい食い込ませたら、ゆっくり前後に動かしてごらん

な、っ…あぁ!!…な、にこれっあ、っあ、っっ…ん、いや、は、もだめ、いくっ!!、

もう逝っちゃうの?

ごめんなさい…いつもより、早くいっちゃいました…


恥ずかしいですが…まだ濡れてます

次はもっと恥ずかしい指示出してあげる
パンツ食い込ませたまま手動かさないで固定して、
気持ちいいとこ擦れるように、自分で腰振ってごらん
最初は成れないかも知れないけど、要領判れば段々気持ちよくなるからね
快感求めて自ら腰振る姿想像すると・・・とってもはしたないねw

んっ…難しいっ…あぁ!はっ…っっああ…、はずかしいっ…ん、ああ…

今度は、秘肉拡げてクリ剥き出しにしたら、一秒に一回軽くタップしようか
次のレスまで、一秒に一回だよ・・・我慢できたらご褒美挙げるからね

っ…あぁ…っッ!はぁっ…いきそ…っぁはぁ、あぁ
っ…あぁ…んんっ…!!
ずっと…がまん、っあはぁっ!

次は、クリの皮を中指と親指で摘まんで、男の人がおちんちん扱くみたいに扱いてみようか
うまくできるかなぁ・・・ふふ、通称 「クリチンポ」 だよ
逝きそうで、でも逝けなくて、勝手に腰が動いてしまうくらい気持ちいいらしいよ

ひっ…あぁ!!…っぁ…へんになりそ、あ、っだめ…んっ…

次は淫肉思いっきり左右に開いて、指に愛液たっぷり付けて、クリの両サイドに指滑らしてごらん。
クリには直接触れず、クリを挟むようにしながら指を前後に動かすんだよ

っぁああ…!!
くり、さわってないのにっはぁっ…!きもち、っあ あきもち、っああ

そう、次はクリサンドしようか
こんどは陰唇閉じて、クリをサンドして捏ねるように指動かしてみて
夏だしエナのおまんこ、きちんと手入れしてるかなぁ
でも蒸れてはずかしい匂い振りまいてるかも知れないね・・・ふふ、色々想像しちゃうw

いっ…あぁ…!!はっ…そんなこ、とそうぞうしないでっ…!っはずかしいよ…っあ…

もう我慢の限界みたいだね。よ~し、じゃあクリで逝っちゃおうね
また陰唇拡げてクリ剥き出しにしたら、中指でたっぷり愛液掬ってクリ塗り込んで
そしたら・・・・クリ好きに苛めてごらん
激しく指で弾いたり、指当てて小刻みに震わせたり、逝くまで好きに弄り倒していいからね
あと空いた手で乳首も一緒に苛めるといいかも

声も我慢しなくていいからね。好きなだけ出して逝っていいよ

っはぁ…だめ、っああ!…ちくびも、きもち、だめ、っはぁ、っっ…い、んっ…いくっ、いくっっ!!

エロ写メ 居候

就職して間もない頃、親類の家に居候していた
食費も入れずにアパートが見つかるまでの間だ
広い家でもないので申し訳ないとも思ったが
しばらくの間だけとお世話になっていた
仕事から帰って、食事を済ませ、風呂に入り
10時ころにコーヒーを飲んだが、しばらくすると深い眠りに入った
午前3時ころだろろうか、チ〇ポの上でグラインドするものがある
なかなか素敵な快感に襲われる
5Wの電球の明かりの中で、若奥さんが腰を振っていた
「気持ちがいい~~よ~~」「当たってる~~~、当たってる~~~」
俺は、たまらず、腰を両手でつかんで、前後にゆすった
「あ~~~あ~~~あ~~~いく~~~~~」
俺は奥さんの中に精子をはきだした
その時は分からなかったが、奥さんは俺のチ〇ポにコンドームをつけていた
奥さんは一度はなえてしまった俺のチ〇ポからコンドームをはずして
チ〇ポのスペルマを舐め取って、球筋、玉袋、鬼頭を口に含み
「どこにも行かないで、ここにこのままずっと一緒にいて」
そう言いながら、俺の乳首に口付けした
俺は奥さんを引き寄せて、唇を吸い、尻肉をわしづかみにした
しばらく熱い抱擁をし、体の上下を逆にして、奥さんの割れ目に指を這わせた
言うまでもなく、滴が落ちるくらいに濡れていて、既婚者でもあり
指2本はすっぽりと入ってしまった
クリをもてあそんでいると、「A君のを入れて、お願い、我慢できないから」
俺は、奥さんの脚を大きく開いて「きれいなマ〇コだよ」と言ってペニスを突き立てた
子宮口に当たるのが分かる。チ〇ポの先にちょんちょん当たるのが心地い
当たるたびに奥さんは声にもならない、吐息を漏らしている
しばらくピストンして俺は、精子をありったけ奥さんの腹の上に出した
奥さんに腕枕して、頭を引き寄せてキスして、「このままじゃやばいね」というと
「このところ夫とは交渉がないの。彼には感じなくなってしまったの。迷惑はかけないから」
奥さんとは、ご主人が飲んで寝てしまった時とか仕事が休みで日中に在宅しているようなときに
関係を続けた

エロ写メ 年上女性

俺(K) 36歳 バツイチ独身(離婚してから7年) 背は180くらい 見た目はフツーだと思う。
彼女(M) 41歳 同じくバツイチ独身(離婚後5年) 20歳の娘がいる。 スタイルはいいほうだと思う。 
 小柄155くらい。渡辺真里奈に似てる感じ。

出会いは友人の紹介。

俺「彼女と別れて結構たつから カノジョ欲しいなぁ・・」
友人「40くらいのバツイチの人だったら 『カレシ欲しい』って人いるけど紹介しよか? 40くらいには見えんよ。」
俺「40なら範囲だから頼むわ~」と友人を介して出会う。

M「こんにちは。Mです。」
出会った最初の印象は「清楚な感じ」だった。

・・・・


自己紹介も済まし出会いから2週間くらいでメールや電話もし、話も結構合い 付き合うことになりました。


それからドライブやら食事やら重ねていったある日 二人で飲みに行った時のこと。

M「ねぇ K君ってさぁ~ 私のこと襲ってこないけど 魅力無いのかなぁ~? オバサンだから? 」なんて振ってきます。
俺「そんなこと無いよ! Mさん魅力的だけどなかなか襲うチャンスが無くってさ~(笑)」

二人はお互い仕事があってなかなか時間が合わずっていう感じでした。


M「じゃぁ 今日は~?? 私 へーきだよ~? 」と結構酔ってるようで・・・
俺「俺も今日はへーきだよ~ 襲っちゃおうかなぁ~ いいの~?」というと、


M「ねぇ この後二人きりになれるところ行こ? ね?」と上目遣いで見られると股間も膨らむってもんです。
彼女はそれに気付いたようで、意地悪そうに
M「あれ~?? ちょっと気が早いんじゃないの~? 」と俺の股間を擦ってきます。

俺「えっ!?! ちょっとココじゃマズイよ!!! 」というと、
M「う~ん それもそうね! じゃぁ 出よ!!」と俺を引っ張って店を出た。

しばらく歩いていると、

M「ここにしようよ~ 空いてるみたいだよ~ 」と気持ち千鳥足で俺にもたれ掛かってきます。
俺「うん ココにしよう! 」とホテルにイン!!


入ると割りと綺麗な部屋で彼女は「あ~っ 超キレイだね。 ステキ~ ホテルなんて来たの何年ぶりだろう~?」
彼女からは 離婚後5年。彼氏も出来ず。元ダンナともレスでそれこそHなんか6~7年ぶりだそうだ。


M「ねぇ 一緒にオフロ入ろ! ねっ? 」 と言われたので『寂しかったんだろうな』と思うとMを後ろから抱きしめた。


M「えっ? どうしたのK君? 」と言ったがカラダを俺に委ねてきたので、後ろからカオを振り向かせキスした。

俺「俺 こうなるのを待ってた・・・」
M「うん・・ 私も・・・」とフレンチキスから始まり下を絡ませるようなディープキスをした。

それから首にキスしたりしていると 彼女も感じてきてしまったようで「んっ 」とか「あっ」とか喘いでいる。

しばらくキスをして俺は「一緒に入ろうか?」と言うと
彼女も「うん・・」と頷いた。


オフロに入るが彼女はタオルで隠したまま。
俺「隠してたら 入れないよ~(笑)」
M「だって・・ はずかしいんだもん・・・」    うーん。41にしてはカワイイです。小柄なのもあるのかな?

俺「じゃ タオル取っちゃお!!」とタオルを彼女から奪うと 目が点になりました・・・


彼女は隠そうとしているけど、それまで全然気付かなかったんだが、胸がかなりデカい。
彼女は「恥ずかしいよ~ 返して~」と俺からタオルを奪おうとするが、俺的にボーゼン・・


巨乳好きな俺にとっては 『スバラシイ!』の一言に尽きる。

思わず「おっぱい おっきいね・・」と漏らしてしまった。

M「あー もー そういうトコばっか見るんだから~ もー 」とかなり照れている様子。
俺「ゴメン ゴメン・・ でもカラダ キレイだね・・」と彼女を抱きしめた。


「恥ずかしいよ・・ 」と言う彼女を抱きしめキスをし、首 胸 乳首 脇バラ お腹  などに舌を這わせると、
M「あっ・・ ダメ・・ 恥ずかしいよ・・ でも・・ 気持ちいい・・」とカラダをくねらせます。

ちょっとイジワルしてみようかと思い、
俺「Mさんはドコが感じるの? 」と言うと、
M「もう・・ カラダが熱くなっちゃって・・ 全部キモチイイよ・・ あっ・・ んっ・・」と喘ぎます。

俺「え~っ? ちゃんと言ってくれないと辞めちゃうよ? 」   俺 Sだっけ?
M「ん~ あ~ん・・ 胸が・・ 感じちゃうの・・ 」と言うので、乳首を中心に舌を這わせると、

M「アッ! アァン・・ そう・・ ソコ・・ 気持ちイイの・・ 」 さらに喘いでいる。

俺「全身舐めちゃうよ~ ちゃんと気持ちイイって言ってね。」
M「なんか・・ 熱くなってきた・・・ あぁん・・ あぁ・・ ぁん・・ 」となってきたので、
アソコを触ってみると もうビチャビチャだった。


俺「感じてくれてるの? もうビチャビチャだよ・・ ほら・・」とアソコを触った指を彼女に見せる。


そしてさらに指を中に入れ 掻き回しだすと、
M「イヤン・・ 恥ずかしいよ・・ でもイイ・・ あぁん・・ あぁ・・ もう立ってられないよ・・」としゃがみこんだ。


しゃがんだ彼女の前に俺の怒張したモノを見た彼女は 触りだしてきた。

M「今度はワタシの番だよ。 気持ちよくしてあげる・・ アッ・・ おっきい・・ 」と俺のペニスを咥えてきた。

彼女は酒のせいか 風呂の中だからか 興奮したせいか 全身がピンク色に染まっていた。
そして咥えながら俺を見てくる。イヤらしい上目遣いで。


M「気持ちイイ?? Kくんはドコが気持ちイイのかな~? 」なんて咥えたり 擦ったりしてくる。 上手い・・・

俺「俺 咥えられるのが気持ちイイかな・・ あっ・・」と思わず気持ちよさに声を出してしまった。

彼女はそれに応えるように 咥えるスピードを増し タマを揉み サオを扱いて来た。

俺「ヤバイっ・・ イッちゃうよ・・ 俺・・ もうイキそう・・」と言うと、
M「いいのよ・・ このまま出しても・・ いっぱい出して!!」その言葉にさらに興奮した俺は、
大量の精子を彼女に出してしまった。

扱かれていた角度から 彼女の口元 首 その大きな胸元に吐き出してしまった。


M「あぁ~ いっぱい出たね~ スゴ~い! 」と発射した後の俺のペニスをクチでキレイにしてくれた。

俺「ゴメン・・ あまりに気持ち良かったから・・・ 」と言うと、
M「ウフッ・・ カワイイ・・ 」と小悪魔のようなカオで俺を下から覗き込んだ。


そのカオに興奮した俺のペニスは再び勃起しだした。


M「あれ?? 今 出したばっかりなのにもう?? スゴ~い! 」
俺「ははは・・ 興奮しちゃって・・・ 」


M「じゃ 今度はワタシを気持ちよくさせて・・ 」
俺「うん! 」と年甲斐も無く子供のように返事した。   俺って実はMなのかも・・ と思ったりして。

彼女の全身を再び嘗め回しだすと彼女はカラダを仰け反らせて喘ぐ。

さらに指や舌で攻めまくると 「アッ! アッ! アァァアアン!! ダメ・・ もう・・ もう・・ イッちゃう・・」

俺は攻めを緩めることなくさらに攻めまくる。

M「 もう・・ もう・・ ホントに・・ イキそう・・ ァアァア・・ ダメッ・・ イクッ・・ 」とイッてしまった。


M「Kくんって スゴイ・・ H上手いんだね・・ ハァ・・ ハァ・・ エッチ・・ 」と言うと俺のペニスを再び咥えた。


俺「あっ・・ また・・ そんなにされたら・・ 出ちゃうよ・・ 」と言うと、
M「今度は入れてもらうんだから チョットだけね!」と小悪魔顔で俺を見る。

M「したこと無いけど・・ こういうのもオトコの人ってキモチイイんでしょ?」と
その大きな胸(あとで聞いたらFカップらしい)で俺のペニスを挟んで来た。

濡れたカラダでされるパイズリは ホントに気持ちイイ!! このままイッてしまいたいくらいだった。

しかし 彼女をどうしても俺のペニスでイカせたかったので、彼女を振り向かせバックの体制で後ろから挿入した。


すると彼女は「アッ!! Kくんのおっきくて・・ アッ・・ 太い・・ アンッ・・ スゴイ・・ それにスゴく固い・・」

M「ハァ・・ ハァ・・ もっと・・ もっと・・ シて・・ いっぱい突いて・・ アッ・・ アンッ・・・」

さらにスピードを上げて後ろから突きまくる。
「アーーン・・ ダメ・・ そんなに突いたら・・・ オカしくなっちゃう・・ アァン・・ アン・・」と言うので仕返しに

俺「ダメなの~? じゃ 辞めちゃうよ~」といったんストップ(実はイキそうになってしまったので小休憩)。


すると彼女が「 イヤ~ん・・ ダメって 辞めちゃダメ・・・ ってこと(笑)・・ 」とせがむので、

再び後ろから突きまくった!!   でもイキそうになってしまってるのは変わらなかったので、いったんペニスを抜く。


そして風呂場だが彼女を正上位の体制にして 今度は向き合って抱き合う形でピストン再開!!

M「アッ・・ コッチもイイ・・ もっと・・ もっと・・ シて・・ アァン! アァン! 」声が大きくなってきた。

俺は彼女のイキ顔を見たかったので さらに突きまくると股間の辺りが暖かく・・ 潮を吹いてしまったようだ。


彼女もビックリしたようで「エッ!?! エッ!?! なにこれ・・ 」と言うと潮を吹いてしまったことを理解したようで
M「キャッ・・ ア~ン・・ 恥ずかしいっ・・ もう・・ そんなにするから・・ 」と真っ赤なカオで言う。

俺「いいんだよ・・ もっと もっと気持ちよくなろう! 」とさらに頑張る俺。

M「 アッ! アッ! ダメ・・ もっと・・ もっと・・ アッ・・ イキそう・・ アッ・・ イクっ・・ 
 アーーーーーーッ イクっ! イクっ! アァーー!! 」と言うと彼女は果てたようだ。

すると彼女が
M「ハァ・・ ハァ・・ Kくんもイッて! イッて! ワタシもまた・・ イクっ! 」

俺「ハァ・・ ハァ・・ 俺も・・ 俺も・・  俺もイキそう・・ 」と言うと

M「一緒に・・ 一緒に・・ イこ・・ 」

俺「俺も・・ イくよ!! 」

M「ウン・・ ウン・・ いいよ・・ 出して・・ いっぱいね・・ 」と彼女の胸に大量に精子を放出した。


M「スゴイ・・ 2回目なのに・・ こんなに・・ ハァ・・ ハァ・・ 」高潮した顔で言う。


そりゃもう自分でも驚くくらい出た。

その後朝まで 彼女が上になったり バックでしたり 最後は正上位で  合計5回もした。

彼女も6~7年ぶりのセックスと言うことでその日はかなり興奮してしまったようだ。

それから 今も仕事でなかなか会えないときがあるのだが 会うとだいたい5回くらい抜かれる。

41歳で清楚な感じだが それをいい意味で裏切る Fカップの巨乳だし フェラは上手いし エロいし・・ 

われながらはまっていて いいお付き合いだと思う。


熟女(には見えないが)は性欲がスゴイって本当だ。 


会うたびに激しく求めて来るんだが さすがに休みの前の日しかこんなに出来ん。

エロ写メ 結婚

遠距離恋愛中のカップルにとっては、結婚式の計画も一苦労です。

電話やメールじゃ細かい内容まで打ち合わせは出来ないし、
その都度、来てもらうのも大変ですよね

私たちも、プロポーズをしてから挙式するまで、
約1年半の期間を設定し、徐々に準備を進めました。

1年半と聞くと長いと感じるかもしれませんが、
両家への結婚報告の挨拶や、両家の顔合わせ、
そして結婚式準備や、結婚式資金の更なる貯金期間など、
全てを考慮した期間です。

特に、両家への挨拶や顔合わせなどは、
遠距離恋愛でスケジュールを合わせづらい二人だけではなく、
今度は家族の予定も考えないといけませんからね。

私たちは実家同士が近いのでラクでしたが、
そうでない方はスケジュール調整もしっかり考えてくださいね。

まずはそこを突破しないと、結婚式の準備には入れませんからね。
プロフィール

 

Author: 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
  • seo
ページビューランキング ブログランキング『Girls Power』
BBS7.COM
MENURNDNEXT
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
広告のお問い合わせ
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。